ベランダ多肉の成長記録と、吉祥寺うろうろ日記。

by にく吉
以前からずっと憧れていた「鳥かご×多肉」の組み合わせ。

やっと作ることができました!今回はその覚え書きです。
d0349477_19140734.jpg

何気なく覗いたアンティーク系のお店で、アウトレット品の鳥かごを発見したことからスタート!

(↓画像・真ん中)
d0349477_19114723.jpg
かわいい!大きい!値段も初めて見る最安値!
以前から鳥かごを見るたびチェックして、値段を見てそっと戻すの繰り返し。
これは・・・!ってことで購入

改めて見ると、両側のもすごくかわいい・・・。

d0349477_19105348.jpg
家に持ち帰りしげしげと見ると、シンプルなデザイン。
円の直径が23センチ、高さが約40センチで大きめ。

購入の際に気をつけた点

・天井が開閉可能
・下部は水が抜けること
・側面の網も多肉が刺せるくらいの幅があること


見事、クリア!

てことで、用意した多肉。
d0349477_19122501.jpg
頑健で雨も日照りもモノともしない猛者揃いのセレクトです。(あっセダム以外です
例えるならば・・・

d0349477_13332611.jpg
こんなところでしょうか。


さて、ここから鳥かご寄せ植えの作り方の覚え書き。

今後のトライアンドエラーにも役立ちますように・・・。



①ネットを敷く
d0349477_19122771.jpg
我が家には、知人からもらった滑り止め用のシートが大量にあるので毎回代用しています・・・。
円形なので、切れ目を入れてくとぴったりとキレイに敷けました。
これは麻布でもミズゴケでもココファイバーでも、水が通るものなら何でもいいと思います。



②鉢底石を敷く
d0349477_19122908.jpg
鉢底石って言っても、ウチではあまり大きな底石は使っていないので、根腐れ防止材と、初期に間違えて購入した砂利100%の多肉植物用の土(名ばかり)を底に敷きました。

今思うと、鳥かご寄せ植えは水はけが良すぎるので、この下準備は無くても良かったかもと思います。


③用土を敷く

d0349477_19123083.jpg
プロトリーフから出てる、ハンギングに適した「かる~い培養土」。
ウチではこれを上で出たはなごころから出てる「多肉植物の土」と混ぜて使っています。
刺す多肉の数や鳥かごの大きさにも寄りますが、最終的な重量がどこまでいく分からないので、ハンギング目的でもあることですし、軽い用土をオススメします。
(水を含んだプリプリ多肉は予想以上に重いです。)


③サイドに麻布を巻く

d0349477_19123575.jpg

これは、思いつきですが、横から土がこぼれてしまうので、麻布を巻いて対応しました。


④底から多肉を刺していく

d0349477_19123453.jpg
ひたすら多肉を刺していきます。この際に根の整理をしてあげると良いかもです。
頭の重い多肉は針金などで根元を軽く固定してあげると、バランスよく配置できます。

d0349477_19124004.jpg
日が暮れてきましたよ・・・。
昼過ぎから2~3時間は経ったでしょうか。半分も行ってません。
多肉を刺す→盛り土→側面にミズゴケを張る。この繰り返し。
ミズゴケは湿らせて絡めていった方がやりやすかったです。



d0349477_19130299.jpg
ゼハー・・・
パトラッシュ、ボクもう疲れたよ・・・。夕飯の準備しなきゃ・・・。
ってことで、一日目はここまでで作業終了。
片側半面、見えてるとこしか多肉は刺さってません。


⑤仕上げ、完成。
d0349477_19133415.jpg
いきなり途中経過。刺したな~!
秋麗の花芽の伸び具合で、どれだけ放置されてたかお気づきのことと思います(笑)
④の状態から、軽く二週間は放置してたと思います。

そして、完成!

d0349477_19145459.jpg
一番上部には、夏の遮光に一役かってくれますようにと無茶な願いを込めて、アスパラガス・プルモサスを据えました。
責任重大です

d0349477_19145585.jpg
d0349477_19145630.jpg

さて、一番最初に脱落するのは誰かな!?
(A→星美人でした)

これを作るためにセダムを仕入れたけど、使うところが無かった・・・!
今後、様子見つつチョコチョコ追加してもいいかな~。

初恋・秋麗・オーロラ・ビアホップ・ルビーネックレスあたりが冬の紅葉が楽しめそうです。
アメトルム、黄麗、ロッティも葉先が赤くなるので、期待できますね~

d0349477_19152200.jpg
初夏の花芽バンザイの時期。
そろそろ初恋の色が抜けてきました~
この後、花芽はカットしました。(本体が弱りすぎて・・・)

反省点

・水を欲しがる品種との混同
プルモサスはかなり水切れの激しい品種。多肉と混同させるのは水やりのタイミングが合わないかも。
黒法師も春に水を欲しがり、高い頻度で水切れ状態になります。
加えて鳥かごの水はけが良すぎるので、水遣りの頻度は高めになりました。
となると、困るのが乾燥大好き・星美人!
運良く☆にはなりませんでしたが、ほとんど葉が落ちてしまったので養生中です。

・本当は単体管理の方が育てやすい
うちのグリネはたまに根の調子を崩して、本体がシワシワになったりします。
左のグリネは順調なのに、右のはシワ気味になってきました。
うまく抜いて養生させる必要があるかもしれません・・・(あ~手間だ!)



とまあ、星美人とグリネがちょっと難アリでしたが、他は今のところ良い感じです。
春だもんね!春、最強だもんね!
夏にどんな地獄が待っているか想像つきませんが、ほんとに・・・。

室内で徒長天国か、屋外で葉焼け地獄か。

怖い~~~!

ただ、これを置くだけで、ベランダがすごく良い雰囲気を持つので、良い鳥かごが手に入った方は作ってみて下さい~。

d0349477_15173997.jpg



お読み頂きありがとうございました!



にく吉




[PR]
# by taniku_kichi | 2016-05-09 15:19 | 多肉植物
関東の中でも大きな園芸屋の「オザキフラワーパーク」に行ってきました。
前回行ったのは一月の多肉フェアの時だったので、わりと久しぶりです。
花で色とりどりの鉢植えコーナーを通り過ぎながら、しょっぱなからドーン。

多肉売り場!
d0349477_18421610.jpg

d0349477_18431241.jpg
店の裏の屋外の屋根の下に、この多肉たちはいます。
初めて行った時はここの存在に気付かなかったほど、ひっそりとしています。

d0349477_18422815.jpg


リトもいるでぇ~。


d0349477_18433147.jpg


セダムもいるでぇ~。


d0349477_18434041.jpg
セダムはイキの良い、かわいい品種のものがすべて\298でした。
ミセバヤ、ピンクのトリカラー、かわいいですねぇ
気になっていたグラウコフィラムも実物を見ることができました。
ここで、下図3点購入。
d0349477_12342216.jpg
左上からドラゴンズブラッド、白雪ミセバヤ、トリカラー。
これらも全てセダムなんですね~。
寄せ植えに重宝しそうです!

屋外の売り場は、二号ポット多肉の品ぞろえはちょっと肩透かしな感じでした。
お正月の多肉フェアがすごすぎたので、その反動かもしれません。

ちなみに、お正月の屋外多肉売り場の様子はと言うと↓
d0349477_12140976.jpg
見渡すばかり、全部二号ポット (all\298)
d0349477_12135138.jpg
正月休み明けの土日にすぐ行ったので、ぎっしりでした。
タニラーさんたちも多く来てらっしゃいました。仲間~

で、この春は、4ブロックほどある多肉売り場のうち、2ブロックがハーブに浸食されていました。

あれ?と思いつつも2階へ・・・。

d0349477_18440684.jpg
スパニッシュモス祭りやー!

スパニッシュモスで前が見えない…。

(チキンなので育て方に自信の無いモスやエアープランツ、ビカクシダには手を出さない私…)

こちらも正月からディスプレイが少し変わっていました。

正月の様子↓
d0349477_12152705.jpg
モス押しなのは変わってないですね。

d0349477_18442735.jpg


後光が見える…サボコーナー。尊い…(涙)


今回見つけた初めての商品は、こちらの 苔!!
d0349477_18444041.jpg
とうとう苔もトレンドに入ってきたようです。
盆栽風に仕立てるのではなく、ビーカーでアンティーク風にしてるところが洋風。

d0349477_18452422.jpg
こちらも謎のビーカー。
葉が、木板にワイヤーでしっかり止められています。そこにエアープランツ。

これは…乾燥気味にするんだよね…!
何なのかよく分からず、謎は深まるばかり…。
d0349477_18454634.jpg


↓大型ラウリンゼさん、なんと\14000!
コロラータさん\7000!
d0349477_18460116.jpg
ここらへんになると、相場なのかよく分かりません。

d0349477_12144154.jpg
2階のほうが、エケベリアや2号ポット多肉たくさんありました。

価格 覚え書き↓

・ラウリンゼ小(2号)\650 中(3号)\850~1200
・サボテン(3号) \650
・ファンクイーン小(2号) \650
・シャビアナ(3号) \450
・クリスマスイブ(3号) \1200
・ルンヨニー、コムラサキ(3号) \650

2号で直径6センチ、3号で9センチの鉢。
号数のミスがあるかもしれませんが、こんな感じです。
ホームセンターや特売を狙って買ってる方にはちょっと高めに感じるかもですが、ここらへんが市場価格なのかと感じます。

行く予定の方は参考になさってください~


ではでは。


にく吉





[PR]
# by taniku_kichi | 2016-04-17 13:13 | 多肉植物
西荻花屋特集の第3弾です。
今回は、安くて素敵な鉢を扱っている雑貨屋と、あともう一軒、花屋のレポをしたいと思います!
画像てんこもりのせいで長めですが、どうぞお付き合い下さい。


なぜこんなに安い?西荻の家具・雑貨屋MW(ムウ)


はい、、見出しの通り、異常に安くて素敵な植木鉢を置いて下さっているこちらのお店。
d0349477_23462340.jpg
※google ストリートビューから画像お借りしました。輸入ものの雑貨屋さんのようです。
d0349477_23464835.jpg
その店構えの脇に・・・怪しいコーナーが・・・。

d0349477_23471815.jpg
ゆったり植木ゾーンw

d0349477_23514561.jpg
和風のたたずまい。植えられているのはほとんど、山野草が主のようです。

d0349477_23555878.jpg

d0349477_23551158.jpg

完全に店長の趣味だ!どれも素敵だ!!


d0349477_23484794.jpg
その中で「ややっ!」と芽を、、じゃない目を引いたのがこちら。

三つで500円?

えっ・・・一個じゃなくて、セットで!?
d0349477_23494245.jpg

柄違いもあるじゃありませんか。こちらも3つで500円!!
受け皿までついて、安ー!!

d0349477_23505662.jpg

こちらはそばちょこの鉢。受け皿つきで350円。
ちゃんと鉢穴も空いていました。
わきに売ってた、普通のそばちょことなんら変わりません。
安いしかわいい!

d0349477_23503282.jpg

こちらは2セットで980円。小さい方で12センチくらいだったかな?
どちらもわりと大きいので、お得だと思いました。

d0349477_23553726.jpg
こちらは単体。大小二つならぶとかわいいです!


てことで、3つセットの鉢をお買い上げ。
さっそく胴切りした多肉をIN!
d0349477_23574609.jpg
左からロッティ・星美人・アメトルム。

鉢の個性が強いので、本来なら丈の長いシンプルな山野草と苔の方が映えそうデス。

d0349477_23575840.jpg

こちらは、京美人・いろいろ寄せ植え・三日月美人。
京と三日月はオザキフラワーパーク産です。成長がゆっくりだなぁ・・・。

d0349477_23580814.jpg

並べるとこんな感じ!
鉢がかわいいと、良いですな~。
これから多肉たちも緑の季節に突入しますし、これくらい色味があると楽しくなりそうです。

それでは、二件目いってみましょう!



ヨーロッパの町角のような花屋「エルスール」



d0349477_19582131.jpg
ここはどこ?と勘違いするような世界観の花屋、エルスール。
私と同じく、いろんな人が立ち止まって見ておりました~。

d0349477_20013796.jpg

緑に囲まれた窓が素敵です。
その下にたくさんの鉢植えや花の苗。あ~憧れますね~!
d0349477_20021245.jpg

季節的に鉢もののクリスマスローズがいっぱい置いてありました。
立派にのびたグリネが下がってますね。
中には洋モノの切花がいっぱい。

しかし私が探しているのは~~・・・
d0349477_20011611.jpg

あった!多肉!!!

ん・・・?
よく見る普及種が多いナ・・。
値段はナニナニ、500円?


・・・・・。


品種の割りに高いなーと感じ今回はスルー!

土も接着剤でガチガチに固めてあるので、土や虫が苦手なマダム向けなのかな?


多肉は花屋や園芸屋によって、本当に価格が違うなと感じます。
色々と失敗したり、買い時を逃したり、何事も経験とベンキョウですね!


●オマケ●

西荻に行ったら必ず寄る場所、女子のためのDIY専門ショップ「ゴングリ」さんです。
d0349477_20023543.jpg

質の高い壁紙や床材がアウトレット価格で売ってたり、ペンキやタイル、取っ手、雑貨、何から何までものすごい品揃えで、ワクワクします。モーレツに持ち家が欲しくなります!

はやりのトイレの床リフォームとかしてみたいなあ、と野望を抱いています・・・。

たまに端材を自由に持って行ってネと店先に置いてあるので、今回いただいて帰りました。



西荻は吉祥寺ほど人が多くないせいか、お店側に親切感だったりこだわりだったり、すごく感じることが多いです。
そしてお客さん側にも、西荻への愛を感じます。

げんに私の西荻に住む知り合いは、そこから長年動こうとしません(笑)


いい街だなぁ、西荻。


また探検しに行きたいと思います。


お読みいただきありがとうございました


にく吉






[PR]
# by taniku_kichi | 2016-03-23 16:56 | 多肉植物
西荻・花屋(多肉)特集の続きです~。
独特の世界観ですが価格でちょっと手が引っ込んでしまうブルーウォーターフラワーの次は!
購買欲をかき立てられる、多肉ハンターさん向けの実用的なお店のご紹介です。



②掘り出し物が見つかる!?「枝屋」

d0349477_20031109.jpg
西荻窪の駅の南側の商店街を歩いていくと、趣のある緑の一角が見えてきます。
店内には切り花と観葉植物の比率が3:7くらいでしょうか。
天井からはビカクシダなどのハンギングが、
表にはたくさんの生きのいい多肉植物が所狭しと置かれています。
これはテンションが上がります!
d0349477_23193134.jpg
店内にはワラビなど季節感のある和の植物や、おしゃれな植木鉢も置いてありました。
d0349477_23195484.jpg
苔のテラリウムも!瓶がカッコいい。
d0349477_23213157.jpg
さて、多肉の方はといいますと。
これはプロリフェラかな?
たくさんの苗ポットが重なってもりもりにみえます。
花芽が左右にバンザイ\(^o^)/してて、たいへんイキが良いです。
1個800円+税。


d0349477_20052137.jpg
兎の耳が特徴的な月兎耳の大株は20~30センチほどの丈で良い状態でたくさん入荷してました。
1200円+税だったかな。
下に盛られている多肉たちは800円+税。どれもモリモリですごく綺麗な株でした。
ブラックプリンスは15センチくらいで立派。
残念ながら名札が無い…!


d0349477_20044588.jpg
左の黒い立派なエケベリアは全長15~20センチほどあったかもしれません。
右の紫色の子も上の写真は2ポット分映ってるので、2頭立ち。

d0349477_20034452.jpg
私が今回、頭を悩ませたのは、この木立ちの黒法師でした!
鉢底から測って55センチ!なんてりっぱ!
これまで色々と花屋や園芸や巡ってもここまでの木立ちは見かけなかったのに、二鉢も鎮座しているではないか!
お値段2000円+税…。あまり見かけないので相場が分からない!
しかしこれを買うと私の3月分の定められた植物予算が底を着いてしまう!(^ω^;)
ほかの多肉苗は相場(だけど底値では無い)気がする!ということはコレも…?
迷った私は一度頭を冷やしに帰宅しました・・・。

が、一週間後。
d0349477_23141322.jpg
チーン( ^ω^)


…だって、欲しかったんだものw

実は必死に値段交渉してはみたのですが、(一週間経っても売れてなかったので)バイトの子らしくどうしようもない感じで申し訳なかったです^^;
園芸屋だと割と交渉イケるんで、とりあえずしてみない手は無いです。
二頭立ちの株とどちらにするか迷いに迷いましたが、芽が多いのと樹形が気に入ったので上図の方をお持ち帰りしました。
一週間前より葉落ちが多く見られたので、どんな環境で栽培されたか聞いたら、生産元まで電話してくれたり、とても親切でした。
ハウスで育ったみたいなので、この寒気が収まるまではとりあえず室内様子見です。

■総括■
この「枝屋」という花屋さんの多肉、
状態がとても良い株が揃っています。
けど、若干お値段で抑止力がかかり即買いするほどでは無く。
しかし花屋でよく見られる超普及種の小苗を高値で出してることも無い、良心的な仕入れと価格設定に感じます。
次いつ出会えるか分からない良株が置いてあるかも、そんなワクワク感が持てたので、私はまた足しげくリピートすることになるでしょう。
次は何置いてるかな〜おんぷ

実は帰り道にもう一軒寄った場所があるのですが、そこもかなりの穴場!
珍しくてセンスの良い鉢が破格で売っているお店です。

長くなってしまったので、そのお店は別記事に致します。


ではでは!

[PR]
# by taniku_kichi | 2016-03-14 10:53 | 多肉植物

お久しぶりです。
最近はTwitterの方でハシャギすぎてブログの更新が止まっておりました。にく吉です。(反省)

このブログでは吉祥寺の花屋の紹介をメインで行こうと思っていたところですが、もっと紹介したい地域が出てきましたので、急きょ特別企画です。

その場所とは、吉祥寺の一駅となりの街。西荻窪

一度好きになったら絶対に離れない街、その愛着はおそらく吉祥寺を超える、中央線のディープスポットです。
私の大好きな漫画家やイラストレータ―の方々が住んでたりもするので、少しソワソワします。

西荻は以前から、骨董・アンティーク、飲み屋、個性的な本屋や雑貨屋としての面を見知っていましたが、実は花屋がものすごく多い!
それもアーティスティックすぎてもはや花屋と言っていいレベルか分からない。
そして、じっくり探すと掘り出し物が見つけられることも実感しました。
今回はそれらをレポってみました。それではどうぞ!


① 圧倒的な世界観 「Blue Water Flower」

d0349477_21074624.jpg
店の入口から。
切り花、多肉植物、珍しい観葉植物をそろえ、多彩なハンギングが魅力的なお店です。

まずびっくりしたのが、びっしりとハンギングされた植物の中に、よーーーく見ると…
d0349477_21075865.jpg
ドライフラワーで彩られたシャンデリアが紛れていたり、
d0349477_23085496.jpg
ドライのガクの部分や流木に巧妙に電球が仕込まれ、ぼんやりとその世界
を照らしていました。
まるで映画や舞台の美術装置みたいでした。
d0349477_23092776.jpg
店内からの眺め。
d0349477_23090910.jpg
こちらはガラスのショーケースの入っていた、ダルマ秀麗、かな?
隣にある同じようなのがびっくり価格の4000円台だったので、これも高いのかな・・
値段聞けなかった・・。

店先に置かれたワイルド多肉。400円。
d0349477_21343417.jpg

私がいつもぱパトロールしている花屋ではワイルド多肉は300円。少し割高^^;
苗の状態は、同じ仕入れ先かと思うくらいそっくり。

d0349477_21350286.jpg
このエケベリアは二頭立ちで800円。大和錦、かな。
横に苔のピョンピョンしたのが生えててすごく可愛らしい!

ああ、たった一軒でボリューミーになってしまった!
あと2,3軒紹介したいのですが、続きは別記事に致します~。

ではでは。



[PR]
# by taniku_kichi | 2016-03-11 20:55 | 多肉植物